武蔵国分寺発!創作童話「たからかdays」vol.4
*ことの葉さらさら、万葉にゆれる*
②秋の空におみなえし

「あたりまえなんだけどサ、今年の秋ってのは今年だけだものね」
「うふふ、そうなんだよねぇ、だから眼に映るものすべてがいとおしいんだね」
「そう思うとドキドキしてきたよ」
「うふふ」
タカラカともに『こころ飽かず』と『惜しも』の感性に耳をかたむけます。
a0168636_8283987.jpg

『をみなえし』の『をみな』は女で『えし』は飯が訛っていったとか。
飯粒のように細かな花がゆれて秋到来。
みそらにゆれて、おみなえし。
万葉集第10巻-2218 & 2215
by hiromi-nishigaki | 2010-09-25 07:45 | たからかdays
<< 武蔵国分寺発!創作童話「たから... 武蔵国分寺発!創作童話「たから... >>



旅ごころ 作品 アトリエ
by hiromi-nishigaki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ルルピカ
作品
アトリエ
旅ガラス
ジョグリス
2012年個展
ウェルカムボード
おやつ考
トリタム
絵葉書コレクション
たからかdays
作品BOOK設置カフェ
ルルピカ電子書籍
未分類
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧